スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

煙草を吸う医者 吸わない医者

医師の喫煙率9%、診療科間で4倍超の差- ケアネット調査


医師の喫煙率は9%で、日本人全体の喫煙率23%を大きく下回っているとの調査結果を、ケアネット(東京都千代田区)がこのほど発表した。診療科別に見ると、最低の呼吸器科(3%)と、最高の麻酔科、整形外科(共に14%)とでは、4倍超の差があった。

 ケアネットは、小宮山洋子厚生労働相が記者会見でたばこ増税に言及したことを受けて、9月21-28日に同社サイトの会員医師を対象に、インターネット上で調査。4000人が回答した。

 それによると、医師の喫煙率は9%で、このほか「以前に喫煙していた」が34%、「喫煙したことがない」が57%だった。厚労省の「2009年国民健康・栄養調査結果」では、日本人全体の喫煙率は23%で、これを大きく下回った。

 診療科別に見ると、9%を下回ったのは、呼吸器科(3%)、神経内科(5%)、眼科(6%)、小児科と内科(共に8%)。一方、上回ったのは、麻酔科、整形外科(共に14%)、泌尿器科、脳神経外科、産婦人科(各13%)、精神・神経科と耳鼻咽喉科(共に12%)、外科(10%)だった。

引用元:医療介護CBニュース - キャリアブレイン


ちょっと興味をひかれたので軽めのエントリ。
昨今、煙草への増税、喫煙場所の減少等喫煙者には肩身の狭い世の中になっています。
特に病院は、2010年2月25日付けの厚生労働省通知により、「受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない」とされています。
上記通知において、「多数の者が利用する公共的な空間については、原則として全面禁煙であるべきである。」とされており、
「一方で、全面禁煙が極めて困難な場合等においては、当面、施設の態様や利用者のニーズに応じた適切な受動喫煙防止対策を進めることとする。」と記載されています。

要は、沢山人が利用する公共的な場所は基本禁煙で、無理な場合もちゃんと対策はしろよってことです。
これにより、病院内での喫煙は原則不可となり、医師含む病院内に勤務している人は勤務時間中に喫煙が基本的に不可能になりました。
それを考えれば、医師の喫煙率が全体平均と比較した場合大きく下回っているのはある意味必然と言えます。
また、医師として煙草の実害についての知識もあることも大きな要因でしょう。

診療科ごとにかなり差があるみたいですが、なんとなく内科系が低く外科系の方が高い傾向がありますね。
何らかの理由が得れるか調べてみましたが、きちんとしたエビデンスは見つからず。


参考資料
厚生労働省健康局長通知「受動喫煙防止対策について」
関連記事
2011-10-14 : ニュース : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
当然のように崩壊する救急医療 «  ホーム  » また爪剥がし 病院、チェック不十分と陳謝
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
禁煙節約50万円突破
禁煙してから今までに節約できた金額が 50万円を突破 [鼻息/][!/]トップページで金額を計算しているが、増税された昨年の10月からは凄い勢いで増えている [おー!/]20万円を超えてから大画面液晶...
2011-10-14 19:30 : 禁煙中
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

最新トラックバック

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。